窓に取り付けるタイプの補助錠の紹介

鍵紛失したついでに、玄関だけでなく窓の鍵交換をしておきましょう。窓の防犯を高めるには、鍵交換を行う際に補助錠を取り付けると効果的です。補助錠といっても様々な種類があり効果としても高いといえます。ここで、窓に設置する補助錠のタイプを紹介していきます。

補助錠の種類と特徴

サッシタイプ
窓に取り付ける補助錠には、サッシに取り付けるタイプのものがあります。このタイプは、レールに取り付けて、その上に鍵の本体をスライドさせて施錠する種類のものになります。レールの長さや取り付ける場所などの調整ができます。
クレセントに取り付けるタイプ
窓に元々取り付けられているクレセント錠本体に取り付けるタイプの補助錠があります。クレセント錠自体の防犯性能を高めるためのものになります。既存のものを残して、その周りからクレセントを囲むようにして取り付けられます。
水返しに取り付けるタイプ
窓の水返し部分に取り付けられる補助錠があります。水返し部分に差し込んでツマミを回すと、金具が広がって窓をロックしてくれるタイプのものになります。窓枠を傷つけたくないという方に適した種類の鍵になります。

防犯フィルムを装着して相乗効果を得る

窓の鍵を交換した後に、防犯フィルムを張り付けるとより防犯効果を高めることができます。防犯フィルムは、施工後に自分で取り付けることができます。フィルムを貼るところとしては、鍵周りだけに貼るのは意味がありません。うち破りやこじ破りといった侵入手口で入られてしまう可能性があるので、ガラス一面に貼る必要があります。防犯フィルムを使用する際には、シワやゴミ、空気が入らないようにして貼り付けるようにしましょう。防犯対策として使用できるフィルムの耐久年数は約10年になっています。

TOPボタン