鍵紛失トラブルに遭ってしまったら鍵交換がおすすめ

鍵紛失トラブルが発生したにもかかわらず、お金がかかるから、面倒だからといって鍵交換をしない方がいます。紛失した鍵が誰にも拾われずにいれば良いですが、悪意のある人に拾われてしまう可能性があります。鍵には住所などの個人情報が書かれていないから大丈夫と思われている方もいるでしょう。しかし、拾った人に顔を見られて覚えられてしまうこともあります。場合によっては自宅を割り出されて、家に侵入される危険性があります。また、気づかれないうちにこっそり少しずつ物を盗んでいくこともあるでしょう。こういった犯罪から家を守るためにも、鍵紛失した際には防犯対策として鍵交換をしておいた方が良いでしょう。

鍵交換に関してよく見られる質問

鍵を持つ男性

鍵紛失した際には悪意を持った第三者に拾われて悪用されないためにも、鍵交換を行って安全性を確保することが求められます。鍵交換に関するよくある質問について紹介していきます。


鍵の種類は選べますか?
質問と同じように、鍵交換を希望される多くの方が種類を見てみたいという要望があります。当社であれば、お客様が希望している鍵の種類を聞いてそれに見合った製品を紹介しています。その場で見て選べますし知識が豊富なスタッフが対応しているので、要望にあったものが見つかります。鍵紛失をして交換をしたいというお客様がいれば、ぜひご相談下さい。
専門家の意見も参考にしたいです
防犯に関心にあるお客様は増えてきており、お問い合わせも多くなっています。当社では、防犯対策のセキュリティアドバイザーが在籍しており、プロの方が全て対応しています。鍵紛失してしまった、防犯を高めたいという方であれば、住まいや周辺環境、要望に見合った防犯対策を提案します。泥棒の侵入経路は玄関や窓になります。ワンドアツーロックなどの防犯対策を行っており、警察庁からも高い支持を得ています。
万が一、故障した際の対応も知りたいです
故障した鍵は状況によって分解洗浄で正常な状態に戻すことができます。鍵交換をした後に経年劣化が原因で故障してしまうこともあります。そのような場合でも、防犯面を考慮して新しいものに交換することもできます。万が一故障した場合でも対応しているのでいつでも相談してください。現地への調査に駆けつけて要望や予算に応じた対応を行っております。

窓の鍵は防犯のために付けられたものではない?

玄関の施錠

玄関だけでなく窓の鍵を閉めることで防犯対策を行った気になっている人もいるようです。では、防犯のプロである窓の防犯性についての声を見てみましょう。

クレセントは防犯のために作られたものではありません(防犯のプロ)

窓のクレセント錠の鍵は、防犯対策を目的として作られているものではありません。この窓の鍵は部屋の音が外部に漏れないように密封されて作られた鍵のことをいいます。窓にこれしか付いていないのであれば、玄関に鍵をかけていないことと一緒です。ほとんどの家庭ではクレセント錠の鍵しか取り付けられていません。そのため、いつでも泥棒が家に侵入しやすい状態になっています。風呂場やトイレなどの鍵を防犯対策といった観点から見直してみる必要があります。

TOPボタン